ホリスティック医学協会

ホリスティック医学協会ロゴ

2019年6月30日 (日)  ホリスティック医学概論セミナー 13:30~17:00




このセミナーは、「ホリスティック医学の定義」をくわしく解説することで、その考え方や医療現場における実際について理解を深めていただくことを目的としたものです。

今回は、「治療を受ける患者の立場になった時にどう考えて実践するか」という視点からの解説を行います。

一般の方にもわかりやすい内容となっておりますが、ホリスティックヘルス塾を受講された方、医療従事者、療法家、セラピスト、カウンセラーなど医療や健康分野の仕事に携わっておられる方にはとても役に立つ内容になっています。Q&Aの時間をたっぷりとりたいと思います。

講師プロフィール


愛場庸雅(あいば つねまさ)


・日本ホリスティック医学協会常任理事  
・大阪市立総合医療センター耳鼻咽喉科部長

1955年大阪府生まれ。1980年大阪市立大学卒。耳鼻咽喉科医。専門は嗅覚味覚障害、頭頸部がんなど。1991年頃から、ホリスティッ ク医学を学び始める。理想のホリスティック医療への希望を心の奥深くに置きながら、総合病院での耳鼻咽喉科・頭頸部外科医として日々の診療に取り組んでいる。


開催日時


2019年 6月30日(日)13:30~17:00 (13:15受付開始)
セミナー終了後、講師・関西支部スタッフを交えての交流会(30分程度)がございます。(無料・参加資格はセミナーの参加者のみ)


開催場所


PLP会館 4階会議室(大阪市北区天神橋3丁目9-27)
◆大阪市営地下鉄堺筋線 扇町駅4番出口より徒歩3分
◆JR大阪環状線 天満駅改札口より南側へ徒歩5分


【PLP会館HP】






参加費


インターネットによる事前申し込み(前売り)

会員・学生 2,500円/一般 3,500円

入金をもちまして申し込み完了となります。
お申込後のお振込がない場合は、当日料金をお支払いただきます。

6月27日(木)の時点でご入金確認できない方、
また予約なしで当日ご参加の方は 当日料金となります。
当日ホリスティック医学協会に入会された方は、
入会金2,000円分を返却させていただきます。





当日参加料金
(事前申込で定員にならなかった場合のみ当日受付をいたします。)
会員・学生 3,000円/一般 4,000円 


ご案内


■ホリスティック医学協会会員の方は会員価格でお求めいただけます。
【ホリスティック医学協会入会について】

■お支払方法は「クレジット決済」と「郵便振替・銀行振り込み」の2種類がございます。 お申し込みフォームに、どちらかを選択するボタンがございますので、ご希望の方をお選び下さい。
■会員の方が申込めるのは、会員1名分のみで、一般の方の分を同時に申込むことはできません。別途お申込ください。
入金後は主催者側の事情で中止になった場合以外は、払い戻しできません。(お越しになれない場合は代理の方の参加可)
■事前申込み(前売価格)の受付は、6日27日(木)23時59分59秒までとさせて頂きます。 ただし、
その時点で入金が完了している場合のみ、事前申込みとさせていただきます。
■クレジット決済の場合は、前売締切時間前までに決済してください。
■銀行振り込みの場合は、お申込みから一週間以内にお支払いください。※1
■銀行振り込みでお申込みの場合、入金がなければ当日料金となります。
■チケットのお届け等はありません。当日、受付けでお名前をお申し出ください。

■お子様のご入場に関して。小学生以下のお子様のご入場はできません。中学生以上は学生料金となります。
■カメラ・レコーダー・スマホ・タブレット等による録音・録画に関しては主催者の許可がない場合はできません。他の参加者のご迷惑になりますのでお遠慮ください。

※1、開催日近くにお振込される場合は、 こちらで確認できないこともありますので 振込を証明できるものをお持ちください。

ご案内


2018年の「やさしいホリスティック医学教室」の動画の販売をいたしております。
今回の講座と合わせてご覧いただくとさらにホリスティック医学の理解が深まります。詳しくはこちらをご覧ください。


ホリスティック医学の定義


1. ホリスティック(全的)な健康観に立脚する

人間を「体・心・気・霊性」等の有機的総合体ととらえ、社会・自然 ・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。

2. 自然治癒力を癒しの原点におく

生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。

3. 患者が自ら癒し、治療者は援助する

病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。 療よりも養生、他者療法よりも自己医療、が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。

4. 様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う

西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を統合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。

5. 病の深い意味に気づき自己実現をめざす

病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をめざしていく。


お知らせ


■生活習慣病予防指導士の方は、3単位取得できます。
■本セミナーは「ホリスティックヘルス塾」レベルアップ講座となります。




↑ PAGE TOP